地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」岐阜

岐阜のニュースな人々

笠松町運動公園の近くにオープンした猫カフェ“レガーレ”オーナー岡村優紀さんインタビュー

岐阜を盛り上げてる旬な人々にインタビューする【岐阜のニュースな人々】のコーナー。今回は、2016年7月15日に岐阜県羽島郡笠松町にオープンした、岐阜ではまだ少ない猫カフェ『レガーレ』の岡村オーナーにお話を伺いました。猫好きな人と価値観を共有したい、そんな想いを語っていただきました。

お店を始めたきっかけ

まず、不幸な猫を減らしたいという想いがありました。
元々猫が好きで、猫とずっと一緒に過ごせる仕事ができれば良いなと思っていましたし、接客業が好きということもあり、猫カフェをオープンすることにしました。

岐阜でお店を開いた理由

岐阜にはまだまだ猫カフェが少ないからです。
岐阜の猫好きの人と沢山話をしたいと思っています。そして、同じ価値観・想いを共有したいですね。

最も“こだわり”を持ってやっていること

店内は常に清潔・キレイにして、来ていただいた人にも猫にとっても心地よい空間であるように心がけています。
また、猫は純血種にこだわっています。雑種と違い人に慣れていますし、性格がはっきりしていてわかりやすいのが純血種の特徴です。

商品・サービスを通じてお客さんに伝えたいこと

「レガーレ」とは、イタリア語で「つなぐ」の意味。人と人とのつながりを大切に、お客様の声に耳を傾け、時にはアイディアを参考にさせていただき、お客様と一緒により良いお店にしていきたいと思っています。
是非、皆さんのアイディア・ご意見をお聞かせください!

また、お店には様々な猫グッズがあります。キャットタワーも購入できますので、是非色々と見てみてください。

今後の抱負

猫について日々勉強し、猫のプロフェッショナルと自信を持って言えるようになりたいと思っています。

今回は、笠松町にオープンした「猫カフェ レガーレ」オーナー岡村さんにお話をお伺いしました。
お客さんと一緒にお店を成長させていきたい、そんな思いの伝わる取材となりました。

PICK UP 岐阜のお店 ~グルメ~