地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」岐阜

岐阜でバーベキューが手ぶらで出来る施設・スポットをご紹介!

炭に火を付ける方法。 ~手ぶらBBQ 着火編~

「さぁ、バーベキューの準備だ!」となったとき、みなさんは一番初めに何を頭に思い浮かべますか。 そうです、まず『炭』を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 食材を焼くためには、バーベキューコンロに火を起こさなければなりません。BBQ着火編!

『 BBQ = 炭 』
と言ってしまっても過言ではないのです。

ただ、慣れていないとなかなか炭に火を起こすのは大変です。
火を起こす時間がかかればかかるほど、お腹がすいてしまいます。
そんな炭に火を起こす苦労も簡単に解決する、基本的な着火方法をご紹介♪

炭に火を付けるために必要なもの
・ 炭(木炭)
・ 炭ばさみ
・ 軍手
・ 柄の長いライター(マッチ・普通のライター)
・ 着火剤(固形タイプ・ジェルタイプ)
・ うちわ(送風機)

早速、火を起こそう♪

炭に火を起こす方法はいろいろありますが、着火剤を使うと簡単です。

固形の着火剤を使用するときは、着火剤を囲むように炭を積んでいきます。
ジェルタイプは、大き目の炭に着火剤を塗り、その炭を囲むように積んでいきます。その後に、着火剤に柄の長いライターで火を付けます。
しばらくすると炭が赤くなって、火が付いたことが確認できます。
炭は目には見えない穴が無数にあり、熱することで自然と火を内部に取り込む構造になっています。なかなか火が付かないからといって、炭をいじったりしないよう待つのもポイントです。
炭に火が回り始めたら、炭を追加して広げていきましょう。
せっかく付いた火を消さないよう、空気の通り道を確保しながら積むのが大切です。
ちょっとしたバーベキューの知識があるだけで、より一層手ぶらのバーベキューが盛り上がること間違いなしです。もし本当に困ったら、バーベキュー施設のスタッフの方や、隣でバーベキューをされてる方に声をかけ助けてもらいましょう。新しい出会いもあるかもですよ。


PICK UP 岐阜のお店 ~学ぶ・スクール~