地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」岐阜

平成28年熊本地震への岐阜市の対応について

(2017年6月1日更新)

岐阜市緊急支援本部の設置

    岐阜市では、「平成28年熊本地震」の発生を受け、被害を受けた自治体に対し、各種緊急支援を行うために緊急支援本部を設置しました。 

義援金・救援物資等について

(1)義援金

 平成28年熊本地震による被災者支援のため、義援金箱を設置しています。お寄せいただいた義援金は、日本赤十字社を通じて被災者支援に充てられます。設置箇所等については、こちら(福祉政策課のページ)をご参照ください。

(2)救援物資

 被災者への救援物資の提供については、現在のところ、市役所では市民の皆様からの救援物資の受付は行っておりません。

 救援物資に関する問い合わせ先

 福祉部福祉政策課:058-265-3891

(3)ボランティア

 ボランティアへの参加に関しては、現地の社会福祉協議会等から情報が発信されていますので、最新の情報を確認してください。
熊本県
熊本市
熊本県社会福祉協議会
熊本市社会福祉協議会
熊本地震特設サイト(災害ボランティア活動支援プロジェクト会議・中央共同募金会)
 
 なお、熊本県内の災害ボランティアセンター等から、災害ボランティアに従事する者であることの確認を受けている岐阜市民の方について、有料高速道路を無償使用されていることを証明する「災害派遣等従事車両証明書」を発行します。「災害派遣等従事車両証明の申請書」に必要事項を記入していただき、熊本県内の災害ボランティアセンター等から災害ボランティアに従事するものであることの確認を受けた書類を添付のうえ、市民活動交流センターに提出してください。
災害派遣等従事車両証明の申請書( doc : 34KB )

災害派遣等従事車両証明書発行についてはこちら 

災害ボランティアに関する問い合わせ先

・市民参画部市民活動交流センター(「みんなの森 ぎふメディアコスモス」内):058-264-0011
(休館日(毎月最終火曜日)は、都市防災部都市防災政策課へお問い合わせください)

岐阜市による支援状況(平成29年4月1日時点)

岐阜市へ避難される方の支援

各種母子保健サービスの提供

  災害救助法の適用を受けた地域の乳幼児及び妊婦の方が、岐阜市に避難した場合、乳幼児健康診査の実施や妊婦健康診査受診券を交付するなど、各種母子保健サービスを提供します。

  母子保健サービスに関する問い合わせ先

 健康部健康増進課:058-252-7193

市営住宅の提供について

 熊本地震の被災者に対する営住宅の無料提供については、平成29年3月31日をもって終了しました。

現地における支援

家屋被害認定調査

 全国市長会からの要請を受け、家屋被害程度の認定調査業務の支援のため、職員を派遣しました。
 第1班 6月  6日(月)~ 6月18日(土) 1名(財政部職員)
 第2班 6月19日(日)~ 6月30日(木) 1名(財政部職員)
 第3班 8月  2日(火)~ 8月11日(木) 1名(財政部職員)
 第4班 8月12日(金)~ 8月21日(日) 1名(財政部職員)
 第5班 8月22日(月)~ 8月31日(水) 1名(財政部職員)
 第6班 9月  1日(木)~ 9月30日(金) 1名(財政部職員)
 第7班 10月  1日(土)~10月31日(月) 1名(財政部職員)
 第8班 11月  1日(火)~11月30日(水) 1名(財政部職員)

保健活動

 岐阜県を通じた派遣要請を受け、被災者の健康相談、健康チェック、メンタルヘルスケア、感染症・熱中症予防対策、避難所の衛生対策等の支援のため、6月10日(金)~6月15日(水)の間、益城郡御船町へ職員1名(健康部、保健師)を派遣しました。  

薬剤師の派遣

 被災地での薬剤に関する業務の支援のため、岐阜薬科大学の職員2名を4月29日(金)から5月5日(木)まで、熊本県益城町の保健福祉センターへ派遣しました。

廃棄物の収集・運搬

 被災地における廃棄物の収集・運搬業務支援のため、職員(環境事業部)を派遣しました。
  先発隊 4月27日(水)~5月 1日(日)   職員2名
  第1班 4月29日(金)~5月  5日(木) 職員5名、関係業者6名
  第2班 5月  4日(水)~5月10日(火) 職員5名、関係業者6名
  第3班 5月  9日(月)~5月14日(土) 職員5名、関係業者6名
  第4班 5月14日(土)~5月20日(金) 職員5名、関係業者6名
    第5班 5月19日(木)~5月24日(火) 職員5名、関係業者6名
  第6班 5月23日(月)~5月28日(土) 職員5名、関係業者6名
  第7班 5月26日(木)~5月28日(土) 職員1名

被災建築物、被災宅地の危険度判定

 地震により被災した建築物及び宅地を調査し、その後に発生する余震などにより、人命に係わる二次的災害を防止するため、岐阜県を通じた派遣要請を受け、職員5名を派遣しました。

◆被災建築物応急危険度判定士 4名(まちづくり推進部職員)
 第1班 4月22日(金)~4月26日(火)  2名
 第2班 4月25日(月)~4月29日(金)  2名 

◆被災宅地危険度判定士 1名(農林部職員)
 4月22日(金)~4月26日(火)

医療活動

◆DMAT(災害派遣医療チーム)
 市民病院のDMAT(災害派遣医療チーム)6名が、4月18日(月)から21日(木)にかけて現地に派遣され、熊本赤十字病院で活動を行いました。
◆救護班
 被災地での救護活動のため、市民病院から2班12名を、4月30日(土)から5月6日(金)にかけて派遣しました。
 第1班 4月30日(土)から5月4日(水) 6名
 第2班 5月  3日(火)から5月6日(金) 6名
    班編成:医師1,看護師2,薬剤師1,技師1,事務1
    活動場所:益城町総合体育館(~5月1日),天草市下田温泉(被災者移送による、5月2日~)

給水活動

 被災地での給水活動のため、4月16日(土)より、職員(上下水道事業部)を順次派遣し、給水車による給水活動を実施しました。
 第1班 (1)4月16日(土)から4月21日(木)3名
      (2)4月16日(土)から4月18日(月)2名
 第2班 4月20日(金)から4月26日(火) 3名
 第3班 4月25日(月)から5月  2日(月) 3名
 第4班 5月  1日(日)から5月  2日(月) 3名