地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」岐阜

岐阜を遊ぶ♪ 岐阜市民のお出かけ&デートスポットから観光名所まで岐阜県の遊び場を特集!

長滝白山神社(ながたきはくさんじんじゃ)/郡上市白鳥町長滝138

郡上市にある長滝白山神社は、日本全国に広がる白山神社の中心的神社です。境内の杉は県の天然記念物に指定されている他、毎年1月に行われる「長滝の延年」が国の重要無形民俗文化財に指定されています。また映画「サトラレ」のロケ地にも登場している神社です。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/長滝白山神社

ご利益

五穀豊穣、大漁満足、開運招福、家内安全、良縁成就

主祭神

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
菊理姫尊(くくりひめのみこと)
天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)
大己貴尊(おおなむちのみこと)

由緒由来

社伝によれば、奈良時代養老元年に白山中宮長滝寺として越後国の僧泰澄が創建したと伝えられる。養老6年には同寺にて元正天皇の病気平癒を祈願して効験があったことから、元正天皇自作の十一面観音、聖観音、阿弥陀如来の本地仏を安置し、白山本地中宮長滝寺に改称したといわれます。平安時代の長滝寺は、白山三所、若宮社、大講堂、鐘楼、護摩堂、神楽殿、三重塔、法華堂、薬師堂など30以上の堂宇が建ち、6谷6院360坊を有していたといいます。文永8年に火災により半数の建物を焼失。正応3年に本殿が再建された。
江戸時代には白山嶺上の管理を巡り、美濃馬場の白山本地中宮長滝寺、加賀馬場の白山寺白山本宮、越前馬場の平泉寺との論争があり、当時は日本全国の白山神社の半数以上がここの系統神社であったという。明治元年の神仏分離により、長滝白山神社と長瀧寺に分離。白山本地中宮長滝寺の建物のうち、白山三社、拝殿は当社となり、大講堂、薬師堂、弁天堂、鐘楼、経蔵などは長滝寺となる。参道を長瀧寺と共有しており、参道から左側が長滝寺、右側が長滝白山神社。明治32年に火災で社殿を焼失し、現在の建物は大正時代の再建である。

名称 長滝白山神社(ながたきはくさんじんじゃ)
住所 郡上市白鳥町長滝138
お問い合わせ 0575-85-2512

PICK UP 岐阜のお店 ~グルメ~