地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

岐阜の地域情報サイト「まいぷれ」岐阜

岐阜(岐阜市・笠松町・岐南町・瑞穂市・本巣市)エリア選択

岐阜市珈琲(コーヒー)マップ

SHERPA COFFEE(シェルパコーヒー) 中垣 文寿さん

珈琲の美味しさは“素材”と 作る人の“情熱”次第。 お店に用意した豆を「全部飲んで欲しい!」とつい前のめりになります!

PROFILE(プロフィール)

・岐阜生まれ。子供の頃から祖父に連れられ喫茶店に馴染む。そのせいか、最初は珈琲専門店じゃなく喫茶店をやりたかった。
ところが珈琲に「品質」という概念があることを知り、今の形態に落ち着いた。

“珈琲”が天職になってしまったきっかけは?

子供の頃から珈琲や喫茶店は好きでした。大学で関西に行き、普通に就職。ただ、いずれはやりたいこと=珈琲、と思っていて、脱サラし、喫茶店で働いて居た頃、今の妻といろんなお店を回って勉強していました。ちょくちょく東京に行き、珈琲巡りをしていた折、勤めていたお店と明らかに違う珈琲に出会い強烈な衝撃を受けた。
「品種」や「情熱」で味が変わると感じ、やりたいことのイメージが描けたんです。

スペシャルティ(高品質)コーヒーと出会う!

珈琲は淹れ方だけじゃなく、豆を作っている生産地のこだわりや情熱に相当左右されるものだと知り、衝撃を受けました。今、巷で話題の「スペシャルティ(高品質)コーヒー」との出会いです。生産国名に起因したブランド豆じゃなく、生産農園とその生産ビジョンを知り、「素材そのもの」に感動したのが珈琲専門店の方向性を決定づけるきっかけに。味を追求したいとなると、豆も「原種」に近いものが欲しくなる。同じ原種でも、土壌とのマッチングは良いのか!?等々、美味しさを担保する背景を考えれば考える程、興味が増幅していきます。同じような問題意識を持つ同業者100店ほどとタッグを組んで、商社を通さず、生産地から直接買い付け、仕入を可能とするルートを開拓し、いわゆるスペシャルティコーヒーを展開しています。年数も経過し、生産農家に対し、同じ豆でも標高の高い区画だけ「区画仕入」したい、などの相談ができるようになりつつあります。

一押しメニューは何ですか?

これといった決めは有りません。こだわっているのは「産地の珈琲づくりに賭ける情熱」を知り、どうやってそれをロースト(焙煎)と淹れ方(抽出)で魅力最大化するか、です。
うちはストレートで20種、ブレンドは7種と多め。
それだけ幅を持っていたいと考えています。
ご近所の年配の方を始め、多種多様なお客様層で好みも多様です。SHERPAに来れば、大概のものはあるんだね!とあらゆる年代層から思っていただきたい。

スペシャルティ・コーヒーは定義も曖昧でお客様はついてこれますか!?

ワークショップや試飲会をこれからもっと沢山開催していきたいと構想中です。これからはもっと「伝える」ことに注力したいですし、望まれていると思います。意識して飲み続けると脳内のシナプスが増え、細かい味が分かってきて楽しいですよ。

岐阜ってなぜ珈琲や喫茶文化が盛んなのですか?

文化の差が大きいと思います。
街なかで友人とバッタリ会った時、まずは喫茶店行く!?という文化が岐阜の特徴。
他の地域ではそのような「まずは」は乏しそうですね。
学生時代の関西在住の時期によく感じました。
東海地方特有の文化だと思います。

SHOP INFORMATION

店名 SHERPA COFFEE (シェルパコーヒー)
住所 〒502-0842
岐阜県岐阜市早田1901-6オハナビル1F
電話 058-295-0136
営業時間 豆販売/テイクアウト 10:00~18:00
喫茶 13:00~18:00
休業日 年中無休(1月1日・2日、盆を除く)
駐車場 有り(4台)
■東愛知日産自動車オリジナル取材・書き下ろし supported by まいぷれ岐阜(監修:岐阜県珈琲文化研究会)

PICK UP 岐阜のお店 ~グルメ~